スピニングポール&スタティックポール切り替え方法

六角ネジタイプ – スタティックからスピニングへ切り替える方法

六角ネジタイプ – スピニングからスタティックへ戻す方法

X lock – スピニング・スタティック切り替え方法

六角ネジタイプはこちら↓

X lockはこちら↓


六角ネジタイプ – スタティックからスピニングへ切り替える方法

①六角レンチを使います。レンチはAスタジオの場合は受付デスクの上に、Bスタジオはオーディオ機器の左にございますのでご準備ください。

②六角レンチの短い方をXマークのすぐ上の六角ネジの穴にしっかりと入れます。(レンチは穴にしっかり差し込んでください、破損の原因になります!)

③レンチを反時計回りに回しネジを緩めます。

④ネジが緩んだら、六角レンチの長い方を差して、ネジがポールの表面から出ない位置まで緩めます。(表面からネジを出すとケガの元になりますのでご注意ください。)

⑤反対側にも同じネジがもうひとつあるので同じように緩めてください。合計二か所のネジを緩めます。

これでスピニングポールになりました!レンチ使用後は必ず元の位置にお戻し下さい。


六角ネジタイプ – スピニングからスタティックへ戻す方法

①スピニングポールにする際に緩めたネジ部分をXマークの上に合わせます。(Xマークの上に合わせないと破損の原因になりますのでご注意下さい!)

②六角レンチをネジにしっかり差し込み、時計回りに回してネジを締めてください。(力づくで締め上げないようにご注意ください。)

③反対側も同じネジがもう一つあるので同じように締めてください。合計二か所のネジを締めます。

これでスタティックポールになります。レンチ使用後は必ず元の位置にお戻し下さい。


X lockタイプ – スピニング・スタティック切り替え方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

エアリアル器具の置き場所